複数ある選択肢を1対1で比較する調査手法

一対比較評価法

一対比較評価法とは、複数ある選択肢を1対1で比較していくことで、選択肢の重み付けや距離間を明確にする調査手法です。

例えば、対象者が商品を購入する際の購入要因が複数考えられますが、マルチアンサー(MA)という回答方式では選択肢間での重み付けができません。
また、シングルアンサー(SA)という回答方式では数多くある選択肢から1つしか選択できない事から選択肢間の距離間が掴めません。
これらの視点から、各選択肢をそれぞれ1体1で比較を繰り返すことで、順位だけではなく、選択肢間の微妙な差も明らかにすることができます。

「一対比較評価法」アウトプットイメージ

GTグラフ

GTグラフイメージ
※GTグラフは標準納品物です。

「一対比較評価表」アウトプットイメージの流れ

一対比較評価法

一対比較評価法イメージ
評価水準の重視度イメージ
※このデータはサンプルイメージです。

「一対比較評価法」料金

御社のご要望に合わせてお見積りさせていただきますので、ぜひお気軽にお問い合せくださいませ。

ページ
トップ

資料請求・お問合せ
お電話
03-6328-2881平日:月~金 10:00~18:00
インターネット
フォームに移動