商品やサービスのあるべき姿を把握したい場合

商品評価

商品やサービスは、企業の生命線。世の中に求められない商品・サービスを提供する企業は、発展を見込めません。

商品やサービスの開発段階、またはリリース後に、マーケティングリサーチを取り入れることで、その商品やサービスのあるべき姿を把握することが可能となります。

商品評価 事例

事例1

クライアント メーカー
調査目的 商品を市場に投入する前に、コンセプトの魅力度、商品コンセプトとネーミングの合致度、購入意欲度を把握し、方向性を検証したい。
調査手法 ネットリサーチ

事例2

クライアント メーカー
調査目的 商品を市場に投入する前に、新商品および改良商品の機能・性能、デザイン性、ユーザビリティなどに対し、どの程度受容性があるのかを把握し、商品力の最終検証をしたい。
調査手法 会場調査(CLT)

事例3

クライアント 事業会社
調査目的 新規余暇ビジネスコンセプトの受容性、および適正なスペック(施設の設備)、サービスの受容層(性別・年代別)を把握したい。
調査手法 ネットリサーチ

事例4

クライアント 飲料メーカー
調査目的 健康系飲料のデザイン評価、および認知非購入の理由、購入経験はあるものの止めてしまった理由を把握したい。
調査手法 ネットリサーチ

事例5

クライアント PR会社
調査目的 健康グッズの利用状況、エクササイズへの意識・実態を把握し、プレス掲載情報としてだけではなく、掲載対象商品のマーケティング情報としても活用したい。
調査手法 ネットリサーチ

事例6

クライアント メーカー、広告代理店
調査目的 新製品開発(またはリニューアル商品)のコンセプトづくりのための検証から、ターゲットの受容性を把握したい。
調査手法 ネットリサーチ、会場調査(CLT)、グループインタビュー

事例7

クライアント 流通
調査目的 発行している情報誌をリニューアルする上で、利用ユーザーが感じている現状の問題点と今後の課題点について、絶対評価と相対評価の両面から把握したい。
調査手法 グループインタビュー

よくご利用いただく調査手法

ページ
トップ

資料請求・お問合せ
お電話
03-6328-2881平日:月~金 10:00~18:00
インターネット
フォームに移動